本当に仕事がデキる人というのは「自分ならできる」ではなく、「誰でもできる」仕組みを作れる人だと言われてきました。

確かにその通りですよね。
個人の力に頼っていたら、いつまで経っても拡大できないし、その人がいなければ売れない事業なんて、もはや事業とは言えないような気がします。

そこで多くの経営者が疑うことなく進んできた道。
それが、「業務を効率化して誰でも売れる仕組み」を作ることだった訳です。

徹底的に効率化し、個性に頼らず売れるモデルを作ることで、儲けを増やす。
なんとも理に適ったように思えたこのモデル。

でも実際に「誰でも売れる仕組み」を作ったお店を見てみると現実はどうでしょう?
多くの会社がお店を増やすほど価格競争に巻き込まれ、拡大するほどに儲からなくなっているのが現実。

もしかしたら、私たちは気付いた方が良いのかも知れません。
「世の中の流れが逆転し始めている」と言うことに。

続きはこちらから↓
http://brand-farmers.jp/blog/retrofit_035/