気に入ったお店を見つけて通い続けた結果、そのお店にとっての「顧客」となる。
こんな経験、誰でも何度かは経験している事と思います。
もちろん、私もそんな経験をしてきている顧客のうちの1人。

でも私、思うんですよね。
顧客になって初めてそのお店の本性が見えてくるって。

顧客がしっかりついているお店は、顧客とお店が「親しい」関係である一方、顧客がなかなかつかないお店は、顧客とお店が「馴れ馴れしい」のです。

店舗商売における「親しい」と「馴れ馴れしい」の違い。
この2つの違いを店舗のオーナーがどう考えているのか?

私は、この2つの認識の違いが繁盛するお店と繁盛しないお店の違いを生んでいるような気がしてならないのです。

続きはこちらから↓
http://brand-farmers.jp/blog/retrofit_039/