メルマガバックナンバー

Vol.88「商売の順序」

「インプットとアウトプット」
これは自分で商売をやっている人に限らず、社会人として仕事をしている人であれば、ほとんどの人が聞いたことのある言葉だと思います。

本やネットから情報をインプットし、そのインプットを吸収した上でアウトプットをする。
確かに、一見この流れには何の問題もないように思えます。

でも私、ちょっと気になるんですよね。
インプットとアウトプットの順番が逆なんじゃないか、って。

インプットを先にしようしても、得られる情報は本やネットに書かれている、いわば「誰でも手に入る情報」しか手に入りません。一方、アウトプットを先にすることで、そこから入ってくる「結果」というインプットは自分の体験に基づく、いわば「自分だけの情報」な訳です。

「誰でも手に入る情報」と「自分だけの情報」。

比べてみれば、後者の方が自分が求める成果に役立ちそうにも関わらず、なぜ多くの人は前者の情報ばかりを詰め込んでしまうのか?
そして、なぜアウトプットをすることに慎重になってしまうのか?

avatar
辻本より
「辻本誠の脱力経営メルマガ」では、毎週こうしたテーマを私の視点から深く掘り下げ、店舗経営についての考え方を配信しています。興味のある方は、下記メルマガ登録ページより、ぜひご登録ください。毎週1回配信で無料です。

-メルマガバックナンバー

© 2021 辻本誠 ふりかえり分析家