メルマガバックナンバー

Vol.118 仮説なき商売

先日、ふと疑問に思ったことがあります。
「同じコンビニエンスストアのレジをするスタッフさんでも、どうすれば上手に袋に収まるかを考えている人もいれば、面倒そうに袋に放り込むだけの人もいる。この違いはどこから来ているのだろうか?」と。

当然ですが、この両者は仕事を続けるほど袋詰めの能力に差がついていってしまいます。
こんな事を書くと「たかが袋詰めくらい、差がついたって大した問題ではない」と感じる方もいらっしゃるかも知れません。

でも、本当にそうなのでしょうか?
私はこの両者の違いを考えた時に、自分自身が開業してからしばらくの間、繁盛できなかった原因が分かったような気がしたのです。

面倒そうに袋詰めするスタッフさんから得た商売のヒントとは何だったのか?

辻本より
「辻本誠の脱力経営メルマガ」では、毎週こうしたテーマを私の視点から深く掘り下げ、店舗経営についての実体験に基づく考え方を配信しています。興味のある方は下記メルマガ登録ページより、ぜひご登録ください。
毎週1回配信で無料です。

 

-メルマガバックナンバー

© 2022 辻本誠 ふりかえり分析家