メルマガバックナンバー

Vol.112 コロナ後に求められるお店の価値

東京では10月25日にようやく時短要請が解除となり、ほとんどのお店が営業を再開しました。
ただ再開をしてはみたものの、なかなかコロナ前ほどには来店が戻らないというお店は多いのではないでしょうか?

それもそのはず。
1年半も外食機会を制限されてしまった結果、多くの人は「外食できない我慢」から「外食しないのが普通」という感覚に変わってしまったのです。これはつまり、外食の市場自体が小さくなってしまったということであり、ここから本当の生き残り競争が始まると言える訳です。

そして、そんな現実を目の当たりにした時、私たちはつい「価格を安くしないと他のお店にお客さんを取られてしまう」と考えてしまいがちな気がします。でも、これって本当にそうなのでしょうか?

外食の回数が減った時、お客さんがお店に求めるものとは何なのか?
その答えは、脱力して考えれば見えてくるのです。

辻本より
「辻本誠の脱力経営メルマガ」では、毎週こうしたテーマを私の視点から深く掘り下げ、店舗経営についての実体験に基づく考え方を配信しています。興味のある方は下記メルマガ登録ページより、ぜひご登録ください。
毎週1回配信で無料です。

 

-メルマガバックナンバー

© 2021 辻本誠 ふりかえり分析家