開業してみて痛感すること。
それは、お金もなければ知名度もなし。
私の場合は飲食未経験だったので、さらにノウハウなしもありますね、笑。

要は「自分には何もない」という訳です。
当たり前の話ですが、やっとの事で開業までこぎ着けたとしても、勝負はそこから。

程度の大小はあれど、こんな状況を目の当たりにして途方に暮れてしまうオーナーさんもいらっしゃるのではないでしょうか?

ただ私、そんな状況の中で「ある事」に気づいたのです。
それは「何もない」というのは錯覚だったと言うこと。

「自分には何もない」ように思えていたのは、実は「誰か」が勝手に作った基準で自分が持っているものを見ていたから。つまり、誰かが作った基準で自分を見ている限り、自分が本当に持っているものは見えてこないのです。

じゃあ、どうしたら良いのか?
答えは単純。「自分が勝てる基準を自分で作る」のです。

そうする事で何が起きるのか?
自分の中で「ない」と思っていたものが、基準を変えただけで「ある」に切り替わり、自分のお店にとっての弱みが強みになるのです。

これをやってみた結果、私のお店に起きた変化とは…?

 

avatar
辻本より
「辻本誠の脱力経営メルマガ」では、毎週こんな話を深く掘り下げて配信しています。興味のある方は、下記メルマガ登録ページより、ぜひご登録ください。毎週1回配信で無料です。