商売をする上での悩みの1つ、それが値付け。
なぜ多くの人がこの値付けに頭を悩ませるのか?その理由は簡単。

それはお店の納得する価格と、お客さんの納得する価格にはズレがあるから。

儲けたいお店と得したいお客さん。
要は、立場が逆である以上、価格に求めることも逆な訳です。

そんな相反するメリットを目の当たりにした時に、多くの人が取ってしまう選択。
それが「お客さんの納得する価格」に価格を設定すること。

利益を削ってでもお客さんの期待に応えようとする、この選択。
一見、お店は大変な努力をしているようにも思えるかも知れません。

ただ先入観に囚われず、脱力して経営を考えた時、この選択は大きな問題を抱えていると思わざるを得ないのです。

この選択が抱えている大きな問題とは何なのか?
そして、安売りは本当にお客さんのためなのか?

今週はこんな話をメルマガで書きました。


脱力経営メルマガでは、上記のような話を毎週より深く掘り下げて配信しています。
メルマガ登録は下記よりご登録ください(週1回配信、無料)