「何か新しいことにチャレンジしてみたい。」
「自分らしさを発揮できる事業を自分でやってみたい。」

こんな気持ちになった事、誰でも1度はあるのではないでしょうか?
ただ、そんな高ぶる気持ちを胸に、いざ行動を起こしてはみたものの、なかなか成果を実感することができず、「やっぱり自分には無理だったんだ」と諦めてしまいたくなる。

実は私、こんな経験を何度もしてきました、笑。

なぜ、高ぶる気持ちがあったにも関わらず、諦めてしまいたくなるのか?
それは、自分が期待していた成果と、現実とのギャップの大きさに心が折れてしまうからではないかと思います。やってもやっても、誰も自分に気づいてくれない「無風状態」。

ただ、一見何の進歩も見られないこの無風状態も、毎日少しずつ改善を繰り返し、継続することで少しずつ風が吹き始めます。

つまり、無風とは自分の行動の間違いを示しているのではなく、むしろ成果を手にするためには通らなくてはならない道なのだと思うのです。

続きはメルマガにて配信しています。

avatar
辻本より
「辻本誠の脱力経営メルマガ」では、毎週こんな話を深く掘り下げて配信しています。興味のある方は、下記メルマガ登録ページより、ぜひご登録ください。毎週1回配信で無料です。