安売りはしたくない。
これは、商売をする側の人間なら誰もが一度は必ず考えることではないでしょうか。

にも関わらず、多くのお店が安売りをしてしまう原因の1つ。
それが、「安売り以外の集客を思いつかないから」だと思います。

偉そうに言ってますが、これは創業した当時の私も全く同じでした。
ですから私も地域最安値を打ち出し、低価格を武器に集客をしようと思った訳です。

ではなぜ、当時の私を含めた多くのオーナーが安売り以外の集客を思いつかないのか?

この疑問に対する私の考え。
それは「安売りという選択肢が思考の広がりにロックをかけているから」。

売上を増やしたいと考えた時に必ず頭に思い浮かぶ選択肢の1つが「安売り」です。
ただ、この安売りという選択肢。
なかなかやっかいなところがあり、安売りは誰もが頭に思い浮かぶほど楽な取り組みであるからこそ、この選択肢が頭の中にある限り、新しい売り方が思い浮かばなくなってしまっているのです。

じゃあ、どうすれば新しい売り方を考えることができるのか?

脱力して考えてみれば分かること。
それは、「新しい売り方」を考える上で邪魔になるものを、頭の中から取り除いてしまえば良いだけなのです。

avatar
辻本より
「辻本誠の脱力経営メルマガ」では、毎週こんな話を深く掘り下げて配信しています。興味のある方は、下記メルマガ登録ページより、ぜひご登録ください。毎週1回配信で無料です。