私の前職は営業マン。
営業マンとバーテンダーの共通点と言えば、商品を売ること。
だから、私は営業マンのスキルがバーテンダーでも活きると思った訳です。

でも、開業したばかりの頃の私は、営業マンとバーテンダーで大きく違う点を見落としていたのです。それが、「自分の接客を他のお客さんが見ている」ということ。

営業マン時代は1対1で営業する場合がほとんどだったのに対し、バーテンダーとして接客する時は、常に自分の接客を他のお客さんが見ているのです。

「自分の接客は他のお客さんからどう見えるのか?」

この第三者視点を持つことにしばらく気づけなかった私は、延々と間違った接客を繰り返してしまっていたのです。

店舗商売でこの「第三者視点」を持つことの重要性とは何なのか?
今週はこんなテーマについてメルマガを書きました。


脱力経営メルマガでは、こんなテーマを毎週より深く掘り下げて配信しています。
メルマガ登録は下記よりご登録ください(週1回配信、無料)