メルマガバックナンバー

Vol.87「儲けという水脈」

開業する前は考えるのが楽しい事業計画。
ただ、いざ商売を始めてみたら想定していた売上に届かない。

そんな現実を目の当たりにした時に、私たちが考える選択肢の1つ。
それが「他の商売もやってみる」という選択だと思います。

これは1つの事業では売上が足りないから、他の事業で売上を増やそうという考え方であり、一見正しい選択に思えるかも知れません。

でも、実際はなぜかそうならない。
私の経験上で言うならば、事業を増やすほど新しい事業だけでなく、本業の売上も落ちていくのです。

なぜこうしたことが起きるのか?

それは、商売で成果を出すために必要な「ある尺度」が足りないからだと私は思うのです。
辻本が考える「尺度」とは一体何なのか?

avatar
辻本より
「辻本誠の脱力経営メルマガ」では、毎週こうしたテーマを私の視点から深く掘り下げ、店舗経営についての考え方を配信しています。興味のある方は、下記メルマガ登録ページより、ぜひご登録ください。毎週1回配信で無料です。

-メルマガバックナンバー

© 2021 辻本誠 ふりかえり分析家