今週の連載紹介

1年が早く感じるのは良いことなのか?

第106回「1年が早く感じるのは良いことなのか?」

「最近、1年経つのが早い。」
「社会人になると1年があっという間。」

こんな言葉を口にしたことのある方は多いのではないでしょうか?

私もこうした言葉を口にしてきた経験があります。
この言葉を口にする時、私たちは「1年が早い=充実している」という意味合いで使っている場合が多いような気がします。つまり、1年経つのが早く感じるのは良いことであるという肯定。

でも、不思議なことに私は新型コロナによる営業自粛が始まってから、様々な新しい取り組みを始めてきて充実しているはずにも関わらず、ここ最近の1年がとても長く感じられるのです。

1年が早く感じることは本当に良いことなのでしょうか?
また、1年の感覚的な長さを決めている要素とは何なのでしょうか?

続きはこちらから↓
https://brand-farmers.jp/blog/retrofit_106/

-今週の連載紹介

© 2021 辻本誠 ふりかえり分析家