メルマガバックナンバー

Vol.110 顧客は絞り込むべきか?

「顧客の絞り込み」
自分で商売をしている方の中で、この言葉を知らない人は少ないのではないでしょうか?

それほど多くの人に浸透していると思われる、この「顧客の絞り込み」。
もちろん、私も開業する前からこの言葉は知っていましたし、実際に1号店を開業する半年前に作成した開業計画書にも、自分のお店の顧客とすべき対象を明確に絞り込んで書き出していました。

それから19年が経った今、私のお店の顧客層が開業当初に絞り込んだ顧客層かと振り返ってみると全く異なっています。これは何も、途中で自分のお店のこだわりを変えた訳ではありません。

じゃあ、なぜそんなズレが起きたのかと考えてみると、それは顧客とは「絞り込むもの」ではなく、「絞り込まれるもの」だからだと思うのです。

「絞り込む」と、「絞り込まれる」の違いとは何なのか?
その答えは、脱力して考えれば見えてくるのです。

辻本より
「辻本誠の脱力経営メルマガ」では、毎週こうしたテーマを私の視点から深く掘り下げ、店舗経営についての実体験に基づく考え方を配信しています。興味のある方は下記メルマガ登録ページより、ぜひご登録ください。
毎週1回配信で無料です。

 

-メルマガバックナンバー

© 2021 辻本誠 ふりかえり分析家