メルマガバックナンバー

Vol.84「言語化することの意味」

自分のお店のこだわりや強みを言語化する。
私は、商売をする上でこの「言語化」という取り組みは欠かせないと考えています。

ただ、一方で「自分の商品を言語化するのは、押し付けがましいんじゃないか?」なんて声をオーナーからいただくこともあるのです。

飲食店は味で勝負。
わざわざ言葉にするなんて邪道である。

確かに目の前のお客さんに商品を提供することだけに限って考えるのであれば、それでも良いのかも知れません。でも、ここで私にはある疑問が湧いてくるのです。

それが、「商品の提供だけで十分なサービスと言えるのか?」ということ。
そして、「オーナー自身が言語化しなければ、誰が口コミの内容を考えてくれるのか?」ということなのです。

そんなのは気に入ってくれたお客さんがしてくれる、と考えるオーナーもいらっしゃるかも知れませんが、本当にそうでしょうか?

私が言語化することにこだわる意味は、この答えにあるのです。
そして、その答えは脱力して考えれば見えてくるのです。

avatar
辻本より
「辻本誠の脱力経営メルマガ」では、毎週こうしたテーマを私の視点から深く掘り下げ、店舗経営についての考え方を配信しています。興味のある方は、下記メルマガ登録ページより、ぜひご登録ください。毎週1回配信で無料です。

-メルマガバックナンバー

© 2021 辻本誠 ふりかえり分析家