メルマガバックナンバー

Vol.89「10割打者と0割打者」

「打率10割を目指します」
プロ野球で選手がシーズン目標を聞かれた時、こんな事を言ったら多くの人は否定的な感情を持つのではないでしょうか。

なぜなら、シーズンを通してヒットを連続で打ち続けるというのは現実的ではないからです。

でも不思議なことに商売の話になると、これと全く同じことを考えてしまっている人は意外に多いのではないでしょうか?

「絶対に成功する確信が持てない限りやらない」
これは野球で言うなら、「ヒットを絶対に打てる確信が持てるまで打席に入らない」と言ってるのと同じだと思うのです。

打率10割が現実的ではないと考えているにも関わらず、商売においては絶対に失敗したくないと考えてしまう。これまで商売をやってきて思うのは、商売においても絶対などという確信を持てる時はなく、むしろ何かを試してみた結果は失敗の方が圧倒的に多いのです。

つまり絶対を待っている限り、そのタイミングはいつまで経っても来ないということ。

では、私たちは商売における失敗と、どう向き合えば良いのか?
その答えは、脱力して考えれば見えてくると思うのです。

avatar
辻本より
「辻本誠の脱力経営メルマガ」では、毎週こうしたテーマを私の視点から深く掘り下げ、店舗経営についての考え方を配信しています。興味のある方は、下記メルマガ登録ページより、ぜひご登録ください。毎週1回配信で無料です。

-メルマガバックナンバー

© 2021 辻本誠 ふりかえり分析家