動画でお答えします

【お題】値下げをすればお客さんが増える、というのは本当なのか?

値下げをするお店が期待していること。
それは値下げをすることで、対象となるお客さんの「量」を増やすことでしょう。

値段が高いと単価の高いお客さんしか来てもらえなくなる。
だから値段を下げて、単価の低いお客さんにも来てもらえるようにすれば、お客さんの量を増やすことができる。

この理屈は、一見何の問題もないように思えます。
だからこそ私自身も開業時に価格競争を仕掛けたのであり、私以外の多くのお店も値下げを考えるのだと思います。

ただ現実を見てみれば、私のお店は地域最安値にも関わらず集客できなかったという結果があり、安ければお客さんが増えるのであれば、安売りをしている他のお店も、もっと集客できていても良さそうに思えます。

なぜ、こんな事が起きるのか?
そこで考えられるのは、私たちが信じている「理屈」自体が間違っているという可能性。

安ければお客さんの量が増える、という理屈のどこに間違いがあるのか?

続きはこちらからどうぞ↓

ご質問は下記より引き続きお待ちしています。
いただいたご質問には辻本が動画でお答えしますので、どしどしお送りください。

辻本への質問箱はこちら↓

-動画でお答えします

© 2021 辻本誠 ふりかえり分析家