メルマガバックナンバー

Vol.77「使われる前提のお店は使われない」

お店を開業して、なかなか集客がうまくいかない。
そんな現実を目の当たりにしたとき、ふとこんな言葉を口にするオーナーさんがいらっしゃいます。

「一回使ってもらればリピートしてもらう自信はあるんだ」

確かに、一回使ってさえもらえればリピートしてもらえる可能性の高い商品を持っているかも知れません。ただ同時にこうも思ったりするのです。

「廃業するお店の多くは、地域の人たちに一回も使ってもらえず廃業しているのではないか」と。
つまり、「一回使ってもらうこと」こそが商売を始めた時の最初の難関であり、この難関を越えられることを前提として商売を考えていては、廃業を免れるのは難しいのではないかと思うのです。

じゃあ、この「一回使ってもらうこと」という難関を超えるために、私たち商売をやる側の人間が取り組むべきこととは何なのか?

脱力してお客さんの立場で考えれば、答えは見えてくると思うのです。

avatar
辻本より
「辻本誠の脱力経営メルマガ」では、毎週こうしたテーマを私の視点から深く掘り下げ、店舗経営についての考え方を配信しています。興味のある方は、下記メルマガ登録ページより、ぜひご登録ください。毎週1回配信で無料です。

-メルマガバックナンバー

© 2020 辻本誠 ふりかえり分析家